本サイトは、4ヶ月で一発合格するための宅建試験対策として、重要な宅建単語を無料で公開しております!
しかし、間違えないでください!
宅建試験に合格するには、「効率的な勉強法」を行うことが最も重要です!
この「法律用語」を8割以上覚えるには、「効率的な勉強法」が必要不可欠です!
これができていないから落ちるんです・・・

宅建通信講座メルマガ(無料)

宅建試験対策のために・・・

宅建試験に重要な単語集(法律用語)

あ行・・・・

青田売り 悪意 あばら筋
案内所等 異議をとどめない承諾 異議をとどめる承諾
遺言遺言 遺産分割・遺産分割協議 意思表示
意思能力 遺贈 一括競売
一身専属権 一般承継 一団の土地
一部他人物売買 一般的要因 囲繞地通行権
違約金 違約手付 遺留分
遺留分減殺請求    
受付番号 売主の担保責任 売りの一団
営業保証金    
乙区 帯筋  

か行・・・・

解除条件 解除・契約解除 買いの一団
    開発整備促進区
開発行為・開発許可 開発登録簿 買戻権・買戻特約
解約手付    
価格形成要因 確定期限と不確定期限 確定判決
確定日付のある証書 隠れた瑕疵 瑕疵担保責任
仮換地 仮処分 仮登記
換地 元本と利息 管理行為
管理組合 管理所有 北側斜線制限
議決権 帰責事由 帰属する
求償・求償権 共同保証
共有物の変更行為   共用部分・法定共用部分・規約共用部分
虚偽表示(通謀虚偽表示) 区画形質の変更 繰越控除
計画道路 景観地区 形質変更時要届出区域
限定承認 検索の抗弁権 建築確認
建築協定 建築主事 建築主
建築面積 減歩(げんぶ)(土地区画整理)  
建蔽率(建ぺい率) 権利金 権利部
後見開始 後順位担保権者(後順位抵当権者) 甲区
高層住居誘導地区 構造計算適合性判定 高度地区
高度利用地区 合筆(ごうひつ) 国土利用計画法
個別的要因    

さ行・・・・

再開発等促進区    
催告 催告の抗弁権 債権 債務
債権譲渡 債務不履行 先取特権
差押え(差押)・仮差押

詐術

市街化区域
市街化調整区域

市街地開発事業

市街地開発事業等予定区域
敷金 敷引・敷引特約 敷地利用権
  事前届出 事後届出
自己契約 時効 時効の中断
質権 指定都市 指定確認検査機関
自働債権 借地上建物の賃借人 斜線制限
縦覧帳簿 主筋  
順位番号 受働債権 取得時効
準都市計画区域 準防火地域 承役地
償金 譲渡担保 消滅時効
証約手付 信義則 心裡留保
 

随伴性

数量指示売買
制限行為能力者 清算金(土地区画整理法) 成年被後見人
絶対高さ制限 セットバック 善良なる管理者の注意義務(善管注意義務)
善意 善意有過失 善意無過失 全部他人物売買 前面道路
前面道路の幅員による容積率 専有部分 償却資産
相殺 造成宅地防災区域 相続欠格
双方代理 相隣関係 相続放棄
即時取得 促進区域  
損益通算 損害賠償請求権 損害賠償額の予定

た行・・・・

代位弁済 大規模建築物  
対抗 第三者弁済 代襲相続
宅地造成等規制法など 単純承認 担保不動産の第三取得者

担保権付着売買

担保物権 地域的要因
地役権 地区計画 地上権
中核市 中間検査 追認
停止条件 抵当権 抵当権等の制限が付いた場合の担保責任(担保権付着売買)
抵当不動産の第三取得者 手付 伝統的建造物群保存地区
転得者   投機的取引
登記事項証明書 登記原因証明情報 登記識別情報
同時履行の抗弁権 道路斜線制限 特殊建築物
特定遺贈 特定街区 特定行政庁
特定承継 特別徴収 特定用途制限地域
  特別用途地区 特別緑地保全地域
特例市 都市計画区域 都市計画で定める容積率
都市施設 都道府県都市計画審議会 土地区画整理法
    取消し

な行・・・・

内容証明郵便 日影制限・日影規制 任意代理
延べ面積    

は行・・・・

背信的悪意者    
廃除 非線引き都市計画区域 被相続人
被担保債権 一人協定 被保佐人
被補助人 表見代理 表題登記
表題部 表題部所有者  
風致地区 不確定期限と確定期限 復代理
不完全履行 不可分性 付記登記
    付従性(附従性)
普通徴収 普通保証人 物権
  物上代位性 物上保証人
不可分債務 分割債務 分別の利益
分筆(ぶんぴつ) 平穏かつ公然に 壁面線
変更行為 弁済 防火地域
包括遺贈 包括承継  
法定代理 法定担保物権 法定地上権
法定共用部分・共用部分・規約共用部分 保証人 保存行為
保存登記 保留地  

ま行・・・・

無効 未成年者 みなし仕入率
無権代理   目論見書

や行・・・・

約定担保物権 遺言 遊休土地転換利用促進地区
要役地 用益権 用益権付着売買
    容積率
要措置区域 用途地域 予約完結権

ら行・・・・

履行・履行請求 履行遅滞 履行不能
利息と元本   留置権
緑地保全地域 隣地斜線制限 連帯保証人

宅建試験に合格するために

■宅建試験は難しくない

宅地建物取引士資格試験は、正直、誰でも合格できます。言ってみれば、それほど難しい試験ではないです。でも、「難しい・・・」と感じてしまう理由は、あなた自身が宅建を難しくしているんです!勉強の仕方をやり方が悪いと、どれだけ過去問を勉強していても、得点に反映してきません。

■宅建の勉強方法が悪いと・・・

勉強法が悪ければ、「覚え方も悪いし」「簡単なことも難しく考えてしまう」し、「理解すべき問題と覚える問題の線引きもできていない」し、いいことはほとんどありません。これでは、宅建の合格者である上位17%には入れません「努力しても報われない・・・」「精神的に参ってくる・・・」非常に悪循環になってきます。

私自身も、試験4ヶ月前までは、勉強法が悪いことが原因で、全く成果が出ませんでした。宅建模試を解いても10点台です・・・。不安焦りで精神的に疲れ、勉強もはかどりませんでした。

これではマズイと思い、以前働いていた、経営コンサルタント時代のノウハウを宅建の勉強に応用して、新たな勉強法を実践したところ、逆転一発合格できたんです!

■効率的な学習ができれば、宅建試験で40点は取れる!

宅地建物取引士資格試験は範囲が非常に広いです。また、最近では、宅建試験自体難しくなってきている(深い内容まで問われている)ので、その点をしっかり押さえていく必要があります。もちろん、宅建勉強の中心は「過去問」です!過去問の中で、分からない法律用語はきちんと調べる!これは基本中の基本です。その他、色々宅建試験に合格するためのノウハウは細かくあります。

■宅建の勉強時間を気にするな

多くの方が宅建の勉強で気にするのが「学習時間」だと思います。平均は300時間とも言われています。しかし、私ははっきり言います!

「効率的な学習ができていないのであれば、1000時間あっても合格はできないですよ!」

重要なことは「勉強時間(学習期間)」よりも「勉強の質」です。
勉強時間は増やすことは誰でもできます。しかし、質を上げることは普通の方はできません。

なぜできないか?

勉強の質の上げ方を知らないからです。

問題は、「質の上げ方を知らないだけ」ということだけです。これを知ってしまえば、200時間でも合格レベルに持っていけます!

是非、宅建試験で悔しい思いをしないように、効率的な勉強法を学び、短期間で宅建合格したい方は、是非、下記、「究極の勉強」をご覧ください!

 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要