宅建通信講座メルマガ(無料)

保存行為

共有物の保存行為

共有物の保存行為とは、共有物の現状を維持するための「修理」等を言います。
また、共有物が「不法占拠者に対して明渡し請求」を行うことも、共有物の現状維持と考えられるので共有物の保存行為にあたります。

そして、保存行為では、各共有者は、他の共有者の同意なく、単独で行うことができます。

例えば、A,B,Cが共有する建物を無権利者Dが不法に占拠している場合、AはB,Cの同意なく、単独で、Dに対して明渡し請求ができます。

 

保存行為 各共有者が単独で行える
例)共有物の修理、不法占拠者への明け渡し請求
管理行為 持分価格の過半数の同意で行える
例)共有物の賃貸、共有物の賃貸借契約の解除
変更・処分行為

全員の同意がないと行えない
例)共有物の売却、共有物の増築・改築

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
 

■関連記事

→ 保存行為
→ 管理行為
→ 変更行為

宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要