宅建通信講座メルマガ(無料)

共有物の変更行為

共有物の変更行為

共有物の変更行為とは、共有物を物理的に変更する行為を言います。
例えば、A,B,Cが共有する建物を、増築したり、改築したり、また、売却することを表します。

そして、変更行為では、共有者全員の同意がなければ行うことができません。
つまり、全員の同意が必要だということです。

保存行為 各共有者が単独で行える
例)共有物の修理、不法占拠者への明け渡し請求
管理行為 持分価格の過半数の同意で行える
例)共有物の賃貸、共有物の賃貸借契約の解除
変更・処分行為

全員の同意がないと行えない
例)共有物の売却、共有物の増築・改築


宅建通信短期講座
 

■関連記事

→ 保存行為
→ 管理行為
→ 変更行為

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要