宅建通信講座メルマガ(無料)

代襲相続

代襲相続とは

被相続人の死亡前に、相続人が死亡している場合、その相続人の子(被相続人の孫)が、代わりに相続できる制度が代襲相続です。

代襲相続

右の図を見ると、通常、相続人はA、B、Cの3人で、
A:相続分1/2
B:相続分1/4
C:相続分1/4
です。

しかし、Cが相続開始時に死亡していた場合、Cの子であるDが、Cの相続分1/4をそのまま相続します。
これが、代襲相続です。

もし、Dも死亡していた場合は、Dの子(ひ孫)が代襲相続します。


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要