宅建通信講座メルマガ(無料)

相続欠格

相続欠格とは

「故意に被相続人あるいは相続について先順位・同順位の相続人(他の相続人)を殺し、又は殺そうとして、刑に処せられた場合」や、「遺言を偽造した場合」、当然に相続人としての資格を失います。これを相続欠格と言います。

この場合、相続欠格者の子は代襲相続できます。

つまり、親が欠格であっても、その子は相続欠格にはならないということです。

 


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要