宅建通信講座メルマガ(無料)

遺言能力

遺言能力とは、その名の通り、遺言をできる能力を言います。
遺言能力があれば、単独で、有効に遺言することができ、遺言能力がなければ、その遺言は裁判で無効となります。

まず、「満15歳に達した者」は遺言をすることができます。

「被保佐人、被補助人」は原則として遺言能力があると認められているので一人で遺言を書くことができます。

一方、成年被後見人は原則として遺言能力はないとされています。
ただし、一時的に判断能力が回復している場合に、医師2人以上の立会いのもと、一定の方式に従うことで遺言することが可能となっています。

遺言能力の判断時期

遺言能力の有無は「遺言を作成する時点」で判断します。
遺言を作成したときに遺言能力があれば、その後、遺言能力がなくなっても、その遺言は有効です。

逆に、遺言を作成した時は重い認知症(成年被後見人)で、その後、回復して正常な判断が出来るようになっても、遺言を作成した時点では遺言能力はないので、その遺言は無効になるのです。

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要