宅建通信講座メルマガ(無料)

虚偽表示(きょぎひょうじ)

虚偽表示とは「ウソ」の契約をすることを言います。

例えば、あなたが高額所得者だったとします。
高額所得者ということは、所得税もたくさん納めないといけないわけです。
でも、現金は使ってしまって現金で払うことができなくなってしまいました。

不動産はあるものの、できれば売りたくありません。

そんなとき、あなたが所有する不動産を友人に売ったように見せかけて、「あなた」と「友人」との間でウソの売買契約を締結し、 友人の物にしたとします。

これが虚偽表示です。

このような虚偽表示無効とされています。

つまり、たとえ、あなたが見せかけの売買をしたとしても、国税局は、「売買契約は無効だ!」と訴えて、真なる所有者であるあなたの土地を差押えます。

そして、この虚偽表示は、通謀虚偽表示(つうぼうきょぎひょうじ)とも言われています。
どちらも同じ意味です!

 


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要