宅建通信講座メルマガ(無料)

建ぺい率(建蔽率)

建ぺい率(建蔽率:けんぺいりつ)とは

建ぺい率とは、敷地に対する建築物の建築面積の割合です。

計算式としては、
容積率=(建築面積)/(敷地面積)

例えば、200㎡の敷地に、建築面積100㎡の建物を建築する場合、建ぺい率は100/200=50%となります。

建ぺい率

建物を建築する場合、上記建ぺい率が、都市計画で定める建ぺい率以下でなくてはなりません。

都市計画で定める建ぺい率

用途地域 建ぺい率

第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
工業専用地域

3/10、4/10、5/10、6/10 のいづれか


第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
準工業地域
5/10、6/10、8/10 のいづれか
近隣商業地域
6/10、8/10 のいづれか
商業地域 8/10 
工業地域
5/10、6/10 のいづれか
用途地域の指定のない区域 3/10、4/10、5/10、6/10、7/10 のいづれかで、特定行政庁都道府県都市計画審議会の議を経て定める
上記以外
制限なし

 

建ぺい率の緩和

用途地域 ①防火地域内の耐火建築物 ②特定行政庁指定の角地等 ①かつ②

第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
工業専用地域

原則+1/10

原則+1/10

原則+2/10


第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
準工業地域
原則+1/10
(建ぺい率が8/10の場合は10/10となる)

原則+1/10

原則+2/10

近隣商業地域
原則+1/10
(建ぺい率が8/10の場合は10/10となる)

原則+1/10

原則+2/10

商業地域 10/10 

9/10

10/10

工業地域
原則+1/10

原則+1/10

原則+2/10

用途地域の指定のない区域
原則+1/10

原則+1/10

原則+2/10

防火地域内の耐火建築物であれば、建ぺい率「+1/10」になり、特定行政庁が指定した角地であれば、建ぺい率が、さらに「+1/10」となります。
そして、建ぺい率がそもそも8/10の場合で、かつ、防火地域内の耐火建築物であれば、建ぺい率10/10(制限なし)となります。


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要