宅建通信講座メルマガ(無料)

道路斜線制限

道路斜線制限とは

道路斜線制限は、道路面の日照などを確保するため、建築物の高さを、前面道路の反対側境界線を起点とする一定こう配の斜線の範囲内に収めなくてはなりません。

道路斜線制限

上図、黄色い部分内に建物を建てる形になります。建物の上部が、黄色い部分を出てしまうと、建築基準法違反になります。
そして、道路斜線制限は、全用途地域および用途地域の指定のない区域で適用されます。

上図は、低層住居専用地域などの住居系を想定しているので、勾配が「1:1.25」ですが、商業地域や工業地域などの住居系以外の用途地域内であれば、勾配が「1:1.5」となります。つまり、住居系よりも、勾配が急になるため、高い建物が建築できるようになります。


宅建通信講座

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要