宅建通信講座メルマガ(無料)

隣地斜線制限

隣地斜線制限とは?

隣地斜線制限は、隣地の境界線を起点として、「高さ」と「斜線の勾配(角度)」によって規制されます。
なお、第1種・第2種低層住居専用地域では、隣地斜線制限の適用はありません

隣地斜線制限

隣地斜線制限の制限内容

「隣地の境界線の立ち上がりの高さ(上図の20mの部分)」と「勾配」については、用途地域によって異なります。

立ち上がりの高さ 住居系(低層住居専用地域は除く):20m
住居系以外:31m
勾配

住居系(低層住居専用地域は除く):1.25m
住居系以外:2.5m

細かい内容は上記と異なる部分がありますが、宅建レベルでは上記内容で十分です。


宅建通信講座

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要