宅建通信講座メルマガ(無料)

買戻権・買戻特約

買戻特約とは

売買契約に付される特約で、一度、買主に売却するけれど、後になって、返してもらいますよ。
というのが、買戻特約です。

■買戻特約の手続きの流れ

売主Aが買主BにA所有の土地を売ったとします。

この場合、AからBへの「所有権移転登記」をするのと同時に、最長10年以内の買戻し期間を定め(定めないときは5年以内となる)「売買代金+契約費用」の登記をします。

このことにより、売主Aは後で、「売買代金+契約費用」で買戻しが出来るわけです。
この買戻し権利が「買戻権」です。

その後、Aがお金を用意して、Bに「売買代金+契約費用」を提供すれば(買戻権を行使すれば)、BにAへの所有権移転登記をさせます。

■もし、買戻特約が付された不動産に抵当権を設定したらどうなる?

買主Bへの所有権移転登記の後に、BがCからお金を借りて、その担保として、「Aの買戻権が付いた土地」に抵当権を設定してしたとしても、Aは買戻し権を行使すれば、当該土地の所有権は、Aの戻され、Cの抵当権も消滅してしまいます。


宅建通信短期講座
  

■関連記事

→ 国土利用計画法
→ 事後届出
→ 事前届出
→ 権利金
→ 譲渡担保
→ 買戻権・買戻特約
→ 予約完結権

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要