宅建通信講座メルマガ(無料)

主筋・ あばら筋・帯筋

主筋・あばら筋・帯筋とは?【宅建】

主筋とは、柱や梁(はり)のコンクリートの中にある太い鉄筋を言います。

あばら筋とは、梁(はり)等の横架材に使用する細い鉄筋(補強筋)の事を指します。
帯筋とは、柱に使用する細い鉄筋(補強筋)を指します。
どちらも主筋を取り囲むように包む細い鉄筋で、
使用目的は主筋の強度を補強するため(主筋がバラバラになったり、加重によって破壊しないようにするため)で同じなのですが、使用する部位によって呼び名が異なります。

柱の帯筋やはりのあばら筋は、地震力に対するせん断補強のほかに、内部のコンクリートを拘束したり、主筋の座屈(曲がること)を防止する効果があります。
「帯筋(おびきん)」や「あばら筋」はコンクリートの中に入っている金属の棒と考えてください。


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要