宅建通信講座メルマガ(無料)

意思表示とは?

意思表示とは、自分の「思い」を外部に「表示」する行為を言います。 例えば、土地の売買契約を考えてみます。 売主は土地を売りたいと思って、「この土地売りますよ!」と外部に表示します。 一方、、買主は土地を買いたいと思って、「この土地を買います!」と外部に表示します。 「この土地売りますよ!」「この土地を買います!」というのが意思表示です。

意思表示が形成されるまでのプロセス

  1. 動機
  2. 効果意思
  3. 表示意思
  4. 表示行為
上記土地の売買契約の事例を使って、意思表示が形成されるまでのプロセスを考えてみます。 売主について
  1. この土地は使わないし、固定資産税もかかるから必要ないな(動機)
  2. この土地を売ろうと思う(効果意思)
  3. この土地を売ります!言おうと思う(表示意思)
  4. 「この土地を売ります!」と実際に言う(表示行為)
買主について
  1. 現在の家が職場から遠いから職場の近くに建物の建てたいと思う(動機)
  2. この土地を買おうと思う(効果意思)
  3. この土地を買います!言おうと思う(表示意思)
  4. 「この土地を買います!」と実際に言う(表示行為)

宅建試験での意思表示の分野

宅建試験では「意思表示」という分野があります。それは下記5つです。

  1. 虚偽表示(通謀虚偽表示)
  2. 心裡留保
  3. 錯誤
  4. 詐欺
  5. 強迫

宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要