宅建通信講座メルマガ(無料)

後見開始(こうけんかいし)

家庭裁判所は、精神障害(認知症など)によって、判断能力を欠く常況にある者に対して、保護者を付ける審判(判決)をすることができます。

その際、
症状が「非常に重い」認知症については後見開始の審判を、
症状が「重くも軽くもない」認知症については保佐開始の審判
症状が「軽い」認知症についてはは補助開始の審判をすることができます。

宅建レベルでは、「後見開始」の内容までを詳しく覚える必要はありませんが、「後見開始の審判」という単語が出てきたら、「成年被後見人」に関する出題だな!っとくらいは分かるようにしておきましょう!

 

■関連記事

→ 制限行為能力者
→ 未成年者
→ 成年被後見人
→ 被保佐人
→ 被補助人
→ 詐術
→ 後見開始
→ 法定代理人

 

 

 


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要