宅建通信講座メルマガ(無料)

所有権留保のポイント

所有権留保(しょゆうけんりゅうほ)とは、所有権を自分のもとにとどめておくことを言います。つまり、所有権を渡さないということです。

例えば、あなたが、あなたが所有する3600万円の建物を買主Aに売却したとします。その際、買主Aは住宅ローンの審査が通らず、毎月30万円の分割払いで10年間支払う約束をしたとします。その場合に、売買契約はして、建物をAに引き渡したものの、所有権については、Aに移転せず、あなたのままにしておいた場合、あなたは所有権を留保している状態にあるといえます。

宅建業法では所有権留保の禁止という8種制限があるので、しっかり理解しておきましょう!

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要