宅建通信講座メルマガ(無料)

地域分析のポイント

宅建試験で出題される「地域分析」というと、不動産鑑定評価における地域分析です。
地域分析とは、その対象不動産(鑑定評価する不動産)が「どのような地域にあるか」、「その地域はどのような特性をもっているか?」を分析することを言います。 そもそも、不動産の価格は、一つだけで決まっている訳ではなく、他の不動産とともにある地域を作って、地域間の相互関係、地域内の他の不動産との相互関係を通じて、対象不動産の価格が決まってきます。 すると、どんな地域があるのか?が問題になりますよね? 宅建試験で出題される地域については、「近隣地域」「類似地域」があります。

近隣地域とは?

近隣地域とは、簡単に言えば、対象不動産の近くの地域です。実務上は「対象不動産の半径何m」や「何丁目の地域」といったひとかたまりの範囲を指し、地域分析において非常に狭い範囲を言います。

類似地域とは?

類似地域とは、近隣地域の特性と類似する特性を有する地域です。 例えば、対象不動産が住宅であり、その周辺地域(近隣地域)も住宅が多かったとします。そして、その隣町の同じ住宅街が類似地域となります。 そして、宅建試験では「同一需給圏内の類似地域」という言葉が出てくるので、この同一需給圏についても解説します!

同一需給圏内とは?

同一需給圏とは、簡単にいうと、購入する人が、迷う地域です。 近隣地域と用途で似ている地域を類似地域と上記で解説しましたが、いくら類似しているとはいっても、あまりに離れた地域では比較が難しくなってしまいます。そのため、それなりに影響を及ぼし合う範囲内(=同一需給圏内)というイメージです。

法律用語では、 「一般に対象不動産と代替関係が成立して、その価格の形成について相互に影響を及ぼすような関係にある他の不動産の存する圏域」を「同一需給圏」いう。 と記述されています。
このようにかみ砕いていくと理解しやすくなりますよね!
個別指導では、こういった分かりにくい言葉をできるだけかみ砕いて解説していきます!
だからこそ、3年連続で合格率70%の実績が出せたとわけです。
実際、市販の解説や予備校でここまでかみ砕いて解説しているところはまずないでしょう!
その中であなたが宅建に合格するためには、宅建の教材だけなく、不動産鑑定に関する教材などを購入したり、ネットで調べたりする必要が出てくるわけです。

でも、それは面倒だし、時間もかかりますよね!?

このかみ砕いて理解して学習することを避けて丸暗記をしていったらいつまで経っても合格できません。
もし本気で宅建合格を目指しているというのであれば、私と一緒に勉強をしましょう!
次こそ合格したい!と思うあなたをお待ちしてます!
>>個別指導はこちら

PS. もし、独学で合格したいというのであれば、独学合格プログラムもあります!
ご質問やご相談などがありましたら、下記ページからご相談ください! 無料動画もプレゼントしています♪

http://www.takken-success.info/4point.html

PPS. 次の試験で絶対合格しましょう!


宅建通信講座

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要