宅建通信講座メルマガ(無料)

限定価格のポイント

限定価格とは、限られた人の間での価格と考えると分かりやすいです。

例えば、借地権者が底地を購入する場合です。通常、借地権が設定されている土地はあまり需要がないです。 なぜなら、購入してもその土地を自由に使うことができないからです。そのため、価格についても隣地よりも安くなってしまうわけです。

でも、現状、その土地を借りていて、その土地上に建物を所有している借地権者であればどうでしょう?
この人は、底地を購入すれば、土地の所有権と建物の所有権をその人が持ち、借地権の必要がなくなり消滅します。 すると、隣地の土地と同じような評価になるわけですね! つまり、借地権者に取っては、価値が高いわけです。

そして、宅建のテキストでは 「市場性を有する不動産について、不動産と取得する他の不動産との併合または不動産の一部を取得する際の分割等に基づき正常価格と同一の市場概念下において形成されるであろう市場価格と乖離することにより市場が相対的に限定される場合における取得部分の当該市場限定に基づく市場価値を適正に表示する価格」をいうという風に記載されています。

分かりにくいので、上記事例を頭に入れておくと効率的ですね!
その他にも、「隣接する土地を購入する場合」もあります!
隣接する土地を購入して、今自分が持っている土地と合体させたらマンションが建つとなると、価値が高くなりますよね! これは、その人だけの特権みたいなものです。他の人がその隣地だけ購入しても、隣地分の土地面積しかないからマンションを建てられないというのでは、価値は高くないですからね!

市場性を有する」とは、「普通に売買される」という意味です。これは逆に「市場性を有さない=普通に売買されない」不動産を考えた方が分かりやすいです。
例えば、法隆寺は普通に売買されますか?されないですよね?つまり市場性を有さないということです。あなたが所有する土地や建物、マンションはどうですか?普通に取引されますよね?つまり、市場性を有するということです。 このようにかみ砕いていくと理解しやすくなりますよね!
個別指導では、こういった分かりにくい言葉をできるだけかみ砕いて解説していきます!
だからこそ、3年連続で合格率70%の実績が出せたとわけです。
実際、市販の解説や予備校でここまでかみ砕いて解説しているところはまずないでしょう!
その中であなたが宅建に合格するためには、宅建の教材だけなく、不動産鑑定に関する教材などを購入したり、ネットで調べたりする必要が出てくるわけです。

でも、それは面倒だし、時間もかかりますよね!?

このかみ砕いて理解して学習することを避けて丸暗記をしていったらいつまで経っても合格できません。
もし本気で宅建合格を目指しているというのであれば、私と一緒に勉強をしましょう!
次こそ合格したい!と思うあなたをお待ちしてます!
>>個別指導はこちら

PS. もし、独学で合格したいというのであれば、独学合格プログラムもあります!
ご質問やご相談などがありましたら、下記ページからご相談ください! 無料動画もプレゼントしています♪

http://www.takken-success.info/4point.html

PPS. 次の試験で絶対合格しましょう♪


宅建予想模試

宅建合格:無料メルマガ


令和3年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要