宅建通信講座メルマガ(無料)

還付・還付充当金とは?

還付(かんぷ)とは、「もとの持ち主に戻すこと」を言います。
宅建試験で出てくる「還付」というと、宅建業法の営業保証金・保証協会で出題されるのですが、ここでは、「弁済」と置き換えると分かりやすいです。

例えば、売主の宅建業者Aが所有する土地を、買主Bが購入する契約をしたとします。
その際、買主Bが売主業者Aに手付金100万円を交付した。
その後、AB間で契約解除をした場合、売主業者Aは買主Bに対して手付金を返還しなければなりませんが、Aが返さなかったとします。

これでは、買主Bは困りますよね!

そんなときに、買主Bは売主業者Aが営業保証金を供託した(預けた)供託所に対して、「代わりに手付金を返してください!」と還付請求(弁済請求)をすることができます!
そして、供託所が手付金と同じ金額分100万円を、買主Bに弁済することを「還付」と言います。

還付充当金とは?

保証協会を利用した売主業者Cを考えます。Cが本店のみの宅建業者とすると、Cは保証協会に60万円の弁済業務保証金分担金というお金を納付します。

すると、保証協会が供託所に60万円(弁済業務保証金という)を供託します。

流れは、
宅建業者C-(60万円)→保証協会-(60万円)→供託所
という流れですね! ここまでは前提として理解しておくこと!

そして、売主の宅建業者Cが所有する土地を、買主Dが購入する契約をしたとします。 その際、買主Dが売主業者Cに手付金100万円を交付した。その後、AB間で契約解除をした場合、売主業者Cは買主Dに対して手付金を返還しなければなりませんが、Cが返さなかったとします。

そして、買主Dが供託所に還付請求をして、100万円の還付(弁済)を受けた場合、供託所には60万円を常に置いておかないといけないのに、現状、60万円-100万円=-40万円となります。

これでは、売主業者Cは宅建業を続けることができないので、Cは保証協会に還付された金額100万円を再度納付しないといけません。 この追加で納付する100万円が還付充当金です。 還付された分に充てる(あてる)お金が還付充当金です!

きちんと理解すれば、宅建合格できます!
勉強の仕方を変えて、スンナリ宅建合格しませんか?

レトスは3年連続で合格率70%を超えた実績を出しています。
それも、上記のような具体例をつけた解説と、計画をレトスが立てて、進み具合の管理を行うからです!
だから、忙しい方でも、合格できるし、勉強が苦手な方も合格できます!
これまで、中卒の方で勉強をほとんどしたことない方も3ヶ月で一発合格していただきましたし、
会社員で帰りは終電といった方も合格していただいています!
次に合格するのはあなたです!
是非、私にお力添えをさせていただけないでしょうか?

>>個別指導はこちら

一緒に勉強して、12月の合格発表も一緒に喜びましょう!

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要