宅建通信講座メルマガ(無料)

合併とは?

合併とは、2つ以上の会社が1つの会社となることを指します。 合併には、新設合併と吸収合併の2つがあります。 A社とB社が合併して、C社という新しい会社を作る「新設合併」で、大会社A社が中小企業B社を吸収して、さらに大きくなったA社のみ残るのが「吸収合併」です。

そして、宅建業法で出題されるのは、「吸収合併をした際の届出」です。 新設合併の際は、解散した法人が宅建業者であれば、その代表者であった者が届出をし、新設した法人が宅建業を営もうとするときは、新たに免許申請する必要があります!

吸収合併による届出

まず、吸収合併の届出は、いつまでに行うかというと、吸収合併してから30日以内です!

誰が吸収合併の届出をするのかというと、「吸収されて消滅した法人の代表役員(代表取締役など)」です。
そして、届出先は免許権者です。 都道府県知事免許の場合は、その知事に届出をし、国土交通大臣免許の場合は、主たる事務所(本店)を管轄する知事を経由して国土交通大臣に届出をします。 例えば、神奈川県知事免許を受けた宅建業者は、神奈川県知事に吸収合併した旨の届出をします。 一方、本店が東京都、支店が神奈川県と千葉県にある国土交通大臣免許を受けた宅建業者は、東京都知事を経由して、国土交通大臣に吸収合併した旨の届出をします。 吸収合併の届出をしたら、その時から宅建業の免許が失効します。 このあたりはしっかり頭に入れておきましょう!

この部分については、色々対比しながら、また、さらに細かく理解しながら学習をする必要があります!

なので、この点については、個別指導でお伝えします!

本気で合格したいと思っているのであれば、勉強の仕方を変える必要があります!

単にテキストや過去問集の解説を覚えるだけでは、何年勉強しても受からないでしょう。。。
そうならないために理解学習といった「質の高い勉強」をするわけです!
実際、弊社の受講生で中卒で元とび職の方は3か月で一発合格を達成していますし、 その前年には4か月で一発合格した方もいます!

毎日終電で帰宅といった忙しい会社員の方も、シングルマザーで家事と育児とダブルワークという忙しい方も合格しています!

「勉強量」よりも「勉強の質」に焦点を当てて勉強をしましょう!
そうすれば合格できます!

でも、宅建の教材で、質の高い教材がないのも事実です。
これは市販も予備校も残念ながら同じです。。。
もちろん、司法試験などの教材や、その法律に特化した本であれば質の高い勉強ができます。
しかし、調べるのに時間がかかるため非効率、、、、 そんな方のために、独学合格プログラム個別指導があります!

実際、3年連続で合格率70%超の実績を出しているので、効果は実証済みです!
次こそ、宅建合格を果たして一緒に喜びましょう♪

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要