宅建通信講座メルマガ(無料)

顕名とは?

代理人が本人のために代理行為を行う場合、相手方に対して「この契約は本人のために行います!」と示さなければなりません。この示す行為を「顕名」と言います。

例えば、あなたがAからA所有の土地の売買契約締結の代理人となって、買主Bと売買契約を締結するとします。 つまり、「売主A、売主代理人あなた、買主B」という構成です。 この売買契約で、あなたは買主Bに対して「この売買契約の売主はAです!」と伝える必要があるわけです。これが顕名ですね!

もし、顕名をしなかったらどうなるか?

代理人が本人のために行う事を示さなかった場合、代理行為の効果は、原則、代理人自身のために意思表示をしたことになります。つまり、上記事例では、あなたが、売買契約の売主とみなされ、土地の引渡義務を負うことになるわけです。 ただし、例外もあります。相手方が、売主がAということを「知っていたり(悪意)」、少し考えれば気づくことができた(有過失)場合は、本人に効果が帰属します。つまり、売主はAとみなされ、Aが引渡義務を負います。

/tbody>
原則 代理行為の効果は、代理人自身のために意思表示をしたとみなされる
代理人に効果が帰属
代理行為の効果は本人に帰属しない
例外 「代理人が本人のために行っていること」を相手方が「知っていたり(悪意)」、気づくことができた(有過失)場合は、本人に効果が帰属する

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要