宅建通信講座メルマガ(無料)

制限行為能力者

制限行為能力者とは、一般人よりも、判断力が不足している者を言います。
そして、民法では制限行為能力者を保護するルールが多いです。

そして、制限行為能力者には
「未成年者」、「成年被後見人」、「被保佐人」、「被補助人」
の4種類の者がいます。

それぞれの特徴を覚えていください!

 

■関連記事

→ 制限行為能力者
→ 未成年者
→ 成年被後見人
→ 被保佐人
→ 被補助人
→ 詐術
→ 後見開始
→ 法定代理人

 

 


宅建通信講座
 

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要