宅建通信講座メルマガ(無料)

買受人とは

宅建試験で出てくる「買受人」とは、不動産の競売により、競り落とした人を言います。

例えば、Aは甲地を所有していた。Aは1000万円の現金が必要となり、B銀行からお金を借りようと思った。
すると、B銀行は「甲地に抵当権を設定してくれるなら(甲地を担保に)1000万円を貸しますよ!」と言ってくれたので AはB銀行のために抵当権を設定した。

その後、Aは1000万円の返済ができなくなり、結果として、抵当権者であるB銀行が甲地を競売にかけた。

競売により、Cが甲地を落札した場合、Cが買受人です!


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要