宅建通信講座メルマガ(無料)

二重供託

「金銭+有価証券」または「有価証券のみ」で供託している宅建業者が、「本店移転」により、「本店最寄りの供託所」が変更する、二重供託が必要です。

たとえば、本店が大阪府で、 大阪府の法務局(供託所)に営業保証金を、有価証券で供託していて、

本店を東京都に移す場合、供託所は、東京法務局になります。

この場合、まず、東京法務局に営業保証金を供託します

この状況では、大阪府の法務局東京の法務局の2つに(二重に)供託している状況です。

これ「二重供託」です。

上記、二重供託したら、移転前に供託していた大阪府の法務局から 営業保証金を取り戻すことができます。

2021年・令和3年の宅建通信講座レトスの予想模試
 

■関連記事

→ 営業保証金

宅建合格:無料メルマガ


令和3年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要