宅建通信講座メルマガ(無料)

特別徴収

特別徴収とは、住民税や社会保険料などを本来の納税義務者である個人から直接徴収し納付させるのではなく、当該納税義務者が得る給与や公的年金を支払う事業者(特別徴収義務者)が税金等を代わって預かりその徴収すべき税金等を納入させることをいいます。

国税の所得税の「源泉徴収」と似た徴収法です。

サラリーマン(給与所得者)の方は、給与を全額もらえるわけではないんです。

例えば、給与が30万円だとすると、その中の(所得税や住民税の分)が、給料から引かれて
(会社が給料から所得税等の分を徴収する)
サラリーマンの方の口座に振り込まれます。

このように、会社が税務署の代わりに徴収して、納付する形が特別徴収です。

 

■関連記事

→ 普通徴収

 

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
 
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要