宅建通信講座メルマガ(無料)

帰属する

宅建では、「法律効果が本人に帰属する」というような使い方をするのですが、

例えば、代理人が本人Aの土地を売却したとします。
そうすると、土地を売却したということは「土地を引き渡す義務」と「代金をもらう権利」が発生しますが、
この2つが、本人に属することとなります。

これが帰属するということです。
「債権債務が本人のものになる」といったイメージです!


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要