宅建通信講座メルマガ(無料)

同時履行の抗弁権

同時履行の抗弁権とは、
例えば、Aさん売主、Bさん買主で土地の売買契約をしたとします。
この場合の多くが、Aさんの「土地を引渡す義務」と、Bさんの「お金を払う義務」は同時に行われます。

つまり、「お金を払うのと引き換えに土地を引き渡す」という構図です。

この場合、
売主が、「買主のほうから代金を持参するまでは目的物を引き渡しません!」と主張したり、
買主が、「売主が引渡しの準備が整うまで、お金をはらいません!」と主張したりすることが同時履行の抗弁権です。

同時に履行することを盾にして、抗弁(相手の主張に反対)することです。

同時履行の抗弁権を法律用語を用いて説明すると、
売買などの双務契約の当事者の一方が、相手方が債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる権利のことをいいます。

 

■関連記事

→ 債務不履行
→ 履行遅滞
→ 履行不能
→ 不完全履行
→ 損害賠償請求権
→ 契約解除
→ 同時履行の抗弁権
→ 帰責事由

 

 

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
 
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要