宅建通信講座メルマガ(無料)

消滅時効

消滅時効とは、一定期間、権利を行使しないと、その権利が消滅する制度です。

この消滅時効における宅建試験対策は、「消滅時効の起算点」、「確定判決後の消滅時効」の2つです。

消滅時効の起算点

消滅時効権利を行使できるようになった時から時効期間が開始します。

不確定期限のある債権の場合、例えば、「私が30歳になったら、10万円もらえる」という権利の場合、私が30歳になった時点から消滅時効が開始します。

約束の仕方 消滅時効が開始する時期
確定期限のある債権 期限が到来した時
不確定期限のある債権 期限が到来した時
期限の定めのない債権 債権が成立した時
停止条件付債権 条件が成就した時
不法行為に基づく損害賠償債権 損害および加害者を知った時

ここで重要なのは、不法行為に基づく損害賠償債権は、「損害および加害者を知った時から3年」「不法行為の時から20年」で時効消滅します。

この点は覚えておきましょう。

債権の消滅時効は、原則、10年で時効が完成します。
ちなみに、所有権は消滅時効にはかかりません
この内容は、宅建試験でも出題されるので、必ず覚えてください!

 

短期消滅時効と確定判決後の消滅時効

民法では、権利関係を迅速に確定するために、短い期間で時効が成立する場合があります。これを短期消滅時効と言います。

例えば、地代や家賃を取り立てる権利は5年です。
つまり、5年経過で時効消滅してしまうわけです。

しかし、このように短期消滅時効の債権であっても、裁判上の訴え(訴訟)によって、確定判決を得ると、その債権の時効期間は10年となります。

宅建の試験対策として、短期消滅時効の債権の確定判決後の時効消滅は覚えておきましょう!

 

■関連記事

→ 時効
→ 取得時効
→ 消滅時効
→ 時効の中断
→ 平穏かつ公然に
→ 確定判決
→ 差押・仮差押
→ 仮処分

 


宅建通信講座
 

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要