宅建通信講座メルマガ(無料)

時効の中断

時効の中断とは

進んでいる時効期間を、「初めに戻す」ことを言います。

例えば、AがBにお金を貸し、返済期限を6月末日にしたとします。
この場合、Aの貸金債権(お金を金を返してもらえる権利)は7月1日から時効期間が開始し、その日から10年が経過をすると、時効により消滅します。

しかし、5年後に、裁判で訴訟を起こすと、時効期間が初めに戻り、また、一から時効期間が開始します。

 

時効の中断事由(時効期間を中断させる手段)

請求 ■裁判上の請求
裁判所に訴えると、訴えた時点で時効が中断します。
ただし、訴えが却下されたり、取り下げたりすると、時効中断の効果は生じません(中断しなかったことになる)。

■裁判外の請求(催告)
例えば、内容証明郵便等で催告した場合です。この場合、催告しただけでは、時効は中断せず、催告してから6ヶ月以内に裁判上の請求をすると、時効は中断します。
そして、この場合、催告をした時点にさかのぼって時効中断の効果が生じます。
差押、仮差押仮処分 いずれも裁判所の手続きとなり、申し立て時に時効が中断します。
承認 時効によって利益を受ける者(上記例では、お金を借りたB:債務者)が自らの債務を認めた場合、時効が中断します。
この承認は裁判外でも有効です。

これらは宅建試験対策として全て重要です。

宅建の受験生で苦手な方も多いですが、ここで落とすと合格できないでしょう!
絶対覚えてください!

 

■関連記事

→ 時効
→ 取得時効
→ 消滅時効
→ 時効の中断
→ 平穏かつ公然に
→ 確定判決
→ 差押・仮差押
→ 仮処分

6月から宅建合格するためには?



宅建通信講座:短期
 
宅建短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要