宅建通信講座メルマガ(無料)

後順位担保権者(後順位抵当権者)

後順位担保権者(後順位抵当権者)とは?

例えば、AがBから1000万円を借りて、債務者A所有の甲土地に抵当権を設定したとします。
この場合、債務者A、抵当権者がBとなります。
そして、Bが一番初めに甲土地に抵当権を取得したので、Bが一番抵当権者となります。

その後、債務者Aがさらにお金に困って、別のCから2000万円借りて、Cのために甲土地に抵当権を設定したとします。
この場合、Cも抵当権者ですが、Bの次に抵当権を取得したので、2番抵当権者になります。

Cは、Bの後の抵当権者(担保権者)ということで、後順位抵当権者と言います。

 


宅建通信短期講座

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要