宅建通信講座メルマガ(無料)

分別の利益

同一の債務に保証人が数人いる場合、各自が債務の額を平等の割合で分割した額についてのみ保証債務を負担することを分別の利益といいます。

例えば、100万円の債務に対し普通保証人が2人いる場合、各自がそれぞれ50万円ずつ責任を負わえばよいわけです。
もし、保証人が4人いる場合(連帯保証人も含めて)、普通保証人は100万円の1/4の25万円だけ負担すればよいわけです。


宅建通信講座

宅建合格:無料メルマガ


31年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要