宅建通信講座メルマガ(無料)

宅建合格のための「税その他」の勉強法とは?

税・その他については、あまり勉強しない方も多いと思いますが、配点は8点もあります。

しかし、範囲も広いんです・・・

特に税金なんか、
「固定資産税」「不動産取得税」「所得税」「印紙税」「登録免許税」「贈与税」
これだけあって、2問しか出ません・・・
しかも、所得税なんて、覚えるのが大変・・・

ここは焦点を絞って勉強していきましょう!

 

税・その他は効率的に攻めていこう!

まず、毎年必ず出題されていて、来年も出題されるであろう分野を押さえることが重要です。

「住宅金融支援機構」
「不当景品類及び不当表示防止法」
「土地」
「建物」

これは必ず勉強しておきましょう。

ただし、5問免除の方は、この部分は全て解かなくてよい問題なので、税金のみに絞って勉強すればいいでしょう!

上記4科目については、過去問で出題された問題のみ覚えればよいです。

テキストを読んでも、対してわかりませんから・・・

解きながら覚えること!

もちろん10年分です!

それが終わって時間がある方、また、5問免除の方は税金を覚えていくのですが、

これも、焦点を絞って覚えていきましょう。

 

税金はどこから勉強していくか?

所得税は一番分かりずらいので、最後に回すこと

「印紙税」「贈与税」「登録免許税」

これらは、覚えるべき内容が非常に少ないので、是非過去問から覚えていってください。

次は、「不動産取得税」と「固定資産税」

これは対比して覚えていけば、スンナリ覚えられます。

税金は上記5つに絞って、「所得税が出たら捨てる」

これも一つの戦略です。

実際、

私は、「4ヶ月で合格レベルにもっていくこと」を目的として通信講座LETOSを受講し、勉強していったのですが、所得税については捨てる選択を先生に進められました。

所得税は出ても1問です。

その1問に時間をかけていては時間がないわけです。

本試験では所得税の問題が出ましたが、悩まず、勘でマークするだけ!

その他の復習や、分からなかった問題の見直しをする時間に有効活用できました。

もし、独学で勉強していたら、このような戦略も考えられなかったと思います。

お客に合わせた、合格戦略を取ってくれることも宅建通信講座LETOSのいいところでしょう。

 

 

【税・その他】

印紙税/登録免許税/不動産取得税/固定資産税/所得税/贈与税/相続税/地価公示/不動産鑑定評価基準/住宅金融支援機構/不当景品類および不当表示防止法/土地/建物

 

平成29年宅建合格するために

建試験は一発合格できる試験なのに、85%の方が落ちています。それは「なぜか」考えたことがありますか?

えは、勉強の仕方を知らないから、教えてもらっていないからです。その結果、テキストや過去問の解説などを丸暗記する丸暗記学習や詰め込み学習を行ってしまうんです。これをやってしまうと、何年勉強を続けても合格できません。実際、これまで私に相談してきた方で3,4年落ち続けている方は数えられない位です。中には、10年以上も落ち続けている方もいます。でも、この方々は頭が悪いわけではないんです勉強の仕方を教えてもらっていないまたは効率的な勉強法を知らないからです。

効率的な勉強法を知れば誰でも合格できます。実際、私の受講者の中でも、中卒で法律知識全くゼロの方は7月から勉強を始めてたった3ヶ月で一発合格していますし、パチスロ依存症の方も一発合格しています。シングルマザーで育児や家事、さらにはダブルワークで忙しい方も合格しています。そして、私が行っている個別指導では3年連続で70%超の合格率の実績を出し続けています!合格した方のほとんどが、忙しくて勉強時間も少ししか取れませんでした。それでも、短時間の勉強で合格を勝ち取っていただいています!

あなたにできないわけがありません!
もし、今年の試験の合格を真剣に目指しているのであれば、一緒に勉強をしていきましょう!

>>個別指導の詳細はこちらから

>>独学でもできる効率的な勉強法(理解学習法)はこちら

レトス小野

 
宅建独学合格プログラム

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要