宅建通信講座メルマガ(無料)

時効のポイント

取得時効の完成に必要な期間

占有開始の時に善意無過失の場合、10年経過で時効が完成する

占有開始の時に善意無過失でない(善意有過失、悪意)場合、20年経過で時効が完成する

※善意無過失で占有を開始した者が、占有の途中で悪意に変わっても、占有開始時に善意無過失であれば、10年経過で取得時効は完成します。

 

占有の承継

取得時効は、自分の前の占有期間などを引き継ぐことができます。

例えば、Aが悪意で土地を占有し始め、15年経過した後、AがBに売却した場合、BはAの「悪意」および「15年の占有期間」を引き継ぐため、Bは5年占有するだけで、この土地を取得時効できます。

 

消滅時効

「物を売った時の代金債権」や「貸したお金の貸金債権」が一定期間を経過すると消滅してしまうことが消滅時効です。

一般債権は10年。地上権や抵当権などは20年で消滅時効にかかります。

また、地代・家賃は5年、宿泊料や飲食料は1年で消滅時効にかかります。(短期消滅時効)

なお、所有権は何も行使しなくても、消滅時効にかかりません

 

消滅時効の起算点

約束の仕方 消滅時効の起算点
確定期限のある債権 期限到来時
不確定期限のある債権 期限到来時
期限の定めのない債権 債権の成立した時

なお、10年より御時間期間の債権(例えば、地代等)について、確定判決によって確定した場合、その時効期間は10年となります。

 

時効の中断

時効のちゅうだんとは、今までけいかしてきた時間が、法律上振り出しに戻ることを言います。

つまり、一般債権は10年で消滅時効にかかるが、5年経過した時に下記のような時効中断が生じると、振り出しに戻り、また始めから消滅時効の期間が始まります。

時効の中断事由


裁判上の請求
支払督促・・・途中で取り下げたり、却下されると中断したことにならない
催告(内容証明郵便等)・・・
     催告して6ヶ月以内に裁判上の請求をすることで中断する
差押、仮差押、仮処分
承認

 

時効の援用

時効期間が過ぎたからと言って、自動的に債権が消滅したり、土地が自分のものになるわけではありません。時効が完成した後に、「時効が完成したので、お金を払いません」など主張しないといけません。

これを時効の援用といいます。

時効を援用すると、その効果は起算点に遡ります
(始めからなかったことになる。始めから自分のものだったことになる)

時効完成後に時効(の利益)を放棄することはできるが、時効完成前に放棄することはできません


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要