宅建通信講座メルマガ(無料)

弁済のポイント

第三者弁済できる者

弁済は、債務者だけでなく、第三者が行ってもよいです、ただし、債権者の意に反して弁済できる者は、物上保証人担保不動産の第三取得者後順位担保権者借地上建物の賃借人等の利害関係人だけです。

親や兄弟など親族は利害関係人に含まれません。

 

債権の準占有者への弁済

「他人の預金通帳と印鑑を持っている」、「受け取り証書の持参人」等、外観からして真なる権利者のような者を債権の準占有者と言います。

債権の準占有者に弁済した者が善意無過失の場合は、その弁済は有効となり、債務も消滅します。

 


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要