宅建通信講座メルマガ(無料)

宅建は何を学ぶのか?|学習内容

宅建で学ぶ内容については、後ほど、試験の出題の内容で詳しく説明しますが、まず、簡単に説明します。

宅建は、基本的には法律を勉強します。
「法律」というと堅苦しいのですが、「ルール」言い換えてもよいでしょう。

たとえば、マンションの売買や賃貸のルールです。

 

【マンションを売ったり買ったり、貸したり借りたりする時のルール】

これを知っておくと、悪質の不動産屋さんに騙されずに済みます!
意外と、不動産屋の方は、自分の成績欲しさに、せかしたりして強引に契約にもっていきます。

マンションやアパートを借りると言っても、安くても初期費用で20万円はかかってきます。
売買になれば、何千万円ものお金が動くわけです。

これらを知っていないがために、損失を被った方も数知れずいます。

これに関連するのは、「民法」や「借地借家法」、「区分所有法」です。

自分の貴重な財産を守るためにも、是非学んでください!

 

次は、お金の貸し借りについてのルールです。

 

【お金の貸し借りのルール】

例えば、マンションを購入する際に、夫が契約者(債務者)になるとともに奥様が保証人になったり、親の財産を担保に入れたりします。

法律を知らない方は、今後、それがどのような事態なるかを予想できません。

これが原因で自殺する方もいるくらいです・・・・

そうならないためには、最低限の知識は必要です。

その最低限の知識を宅建で学習できます。

 

では、具体的に何を学習するかをお話していきます。

 

宅建の試験の内容

宅地建物取引士の資格試験は、「権利関係」、「宅建業法」、「法令上の制限」、「税その他」の4つの分野から、合計50問が出題されています。各分野の主な出題内容と、配点は以下の通りです。

  1. 【権利関係】(14問)
    民法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法
  2. 【宅建業法】(20問)
    宅地建物取引業の定義、免許証の効力、営業保証金、媒介・代理契約、重要事項の説明、クーリング・オフ、業務に関する義務・制限、報酬に関する規制、監督・罰則など
  3. 【法令上の制限】(8問)
    国土法、農地法、都市計画法、建築基準法、土地区画整理法、宅地造成等規制法、諸法令など
  4. 【税その他】(8問)
    税法、鑑定評価基準、地価公示、住宅金融支援機構

えっ!!

多い!!

と思われた方、安心してください!

 

私は、LETOSの通信講座で4ヶ月で合格しました。
効率的な勉強を1対1で教えてもらうことで、無駄な勉強時間を省いて学習しました。

独学で一発合格する方もいますので、是非挑戦してみてください!

勉強のやり方を間違えると、3年挑戦しても合格できない方もいるので、勉強のやり方は本サイトで学んでみてください!


宅建通信短期講座
 

宅建合格:無料メルマガ


29年合格する為の・・・


宅建合格するための無料動画


最近の記事


宅建の法律用語集


科目別の宅建試験対策


権利関係のポイント集


宅建単語集


宅建勉強法を自己診断


宅建試験の概要